求められるスキル・資格

リラクゼーションサロンは今増えていますし、リラクゼーションの需要もとても高まっています。女性のみならず高齢者や男性などにも広がっているリラクゼーションという分野ですので、活躍したいと思っている人はリラクゼーションに役立つスキルや資格を取得しておくといいでしょう。今はデスクワーク、パソコンワークが増えていますしストレス社会もますます増えていますので、マッサージを受けたい、リラクゼーションをしたいと思う人は増えているのです。女性のみならず男性でも気軽に入ることが可能な店舗も増えているので、さまざまな店舗があります。ボディケア、リラクゼーションマッサージの資格も種類がいろいろありますが、ここでは主なリラクゼーションサロンで働くのに役立つ資格を見ていきましょう。

まずはリフレクソロジストの資格があります。リフレクソロジストは足底のマッサージで足底をマッサージすることで健康をサポートするという考え方です。手、指によって足底に刺激を与えることでストレスが緩和されてリラックス効果がかなり深くなります。駅の中に入っているリラクゼーションサロンなどでもリフレクソロジストの店舗が増えています。そして昔からある資格ではありますが、あん摩マッサージ指圧師、こちらはあん摩、マッサージ、指圧のそれぞれの手技を使って人の身体の変化を改善する施術です。この資格は国家資格になりますので、学校に通って資格を取得することになります。そしてアロマテラピー検定、アロマサロンにて、アロマオイルを使って施術をします。アロマの香りでリラックスできます。女性に特に人気の資格です。

メンタルヘルスマネジメント検定、こちらもリラクゼーションサロンで役に立つ資格です。ストレス社会だからこそ需要が高まっているメンタルヘルスマネジメント検定の資格は、仕事や人間関係のストレスに対してアドバイスをしていきます。アロマテラピーと似ている資格にアロマセラピストの資格もあります。アロマを使ってトリートメントをしたりコンサルテーションをするのが仕事です。

このようにリラクゼーションサロンで働くのに役立つ資格はいろいろとありますが、これらの資格を取得して働くのに向いている人、向いていない人がいます。向いている人は、人に何かをしてあげたいと思える人、そしてお客様相手のことなので、お客様とコミュニケーションをとりながら施術をしてあげることができる人が向いています。