整体、カイロプラクティック

体のゆがみを整える施術

整体やカイロプラクティックは、街の中にもいくつもお店がありますね。
これらは医療行為に近いものになりますが、実際には医療行為ではないので、国家資格などを必要としないため、独立して施術を行っている人が多いです。

また病院などと違って自分の体ひとつで施術を行うので、初期投資が少なくて済み、独立しやすいというのも整体院などがたくさんある理由のひとつだといえます。

整体とカイロプラクティックは厳密には異なりますが、施術者の手を使って体の歪みを正していくという点では共通しています。
それぞれのやり方、方式が異なりますが、似ているところも多いようです。

カイロプラクティックにおいては、海外では国家資格を必要とする施術なのですが、日本ではそういった法律が定められていないので、無資格でも施術を行うことができます。
逆に、資格が必要でなくても、海外の国家資格を取得して、日本でその施術を提供している人もいらっしゃいます。

整体師になるには

資格が必要ないため、今からでも「整体師です」といえばすぐにでも施術を行うことは可能ですが、やはり何の知識もない状態で人の体を治すことはできませんよね。
整体師として活動されている方は、専門学校を卒業していたり、何らかの民間の整体の資格を取得して施術を提供している方がほとんどです。

整体の専門学校は全国にいくつもあります。
整体は東洋医学を用いた考え方をしていて、その考え方も数種類ありますので、学校によって施術方法が若干異なることもあるようです。
学校を選ぶときは、こうした施術における考え方なども考慮した上で選ぶとよいでしょう。

整体院でも、「あそこは自分に合っているけど、ここはちょっと合わない」というのは、こうした施術における考え方が原因のひとつかもしれません。
また、医師の場合は、治療や手術においての考え方ややり方が当然ながら全国で共通しているのに対し、整体は共通していないので、これも国家資格などを定めていない理由だと思われます。

整体師の中には、整体の民間資格に加えて鍼灸の国家資格を取得し、どちらの施術も行っているという人もいます。
整体院では1回の施術費用がかなり安価なので、整体だけだと収入面で不安が出てきてしまうことがありますが、このようにプラスアルファの施術を行うことで集客や収入面で安定するというメリットがあります。
接骨院などでも、鍼灸と並行して施術を行うところが増えているようです。