アロマテラピー

特徴

アロマテラピーを受けることができるリラクゼーションサロンも増えていますね。アロマテラピーは植物の香り、いろいろな植物の力を借りて、心身のトラブルを穏やかに改善させる効果や、リラックスの効果、健康増進や美容に役立てることを目的とした自然療法のことをいいます。

今の時代はストレス社会ですので、ストレスを緩和して心身ともに健康に過ごせるようにということで、今アロマテラピーはとても注目されているのです。アロマテラピーはリラクゼーション効果、ストレス解消、美容への効果と健康維持、疲労回復効果があります。お風呂に入ったりボディトリートメント、セルフスキンケアとして自宅で取り入れている人もいますが、手軽に本格的な施術を受けたいと思ったらリラクゼーションサロンでアロマテラピーを受けることになります。

定義

アロマテラピーはリラクゼーション、リフレッシュに役立ち、美と健康を増進する、心身の恒常性の維持、促進、不調の改善と健康を取り戻すということが定義です。アロマテラピーの具体的な施術としては香りを楽しむ方法やお風呂に入れる方法などはセルフケアとして自宅で楽しむことができるのですが、リラクゼーションサロンでは主にマッサージやトリートメントの施術を行います。

精油を植物性のオイルで希釈したオイルを使ってアロマトリートメントを行います。植物性のオイルを基本として精油を混ぜたオイルを体に塗ってマッサージをしていきます。アロマテラピーマッサージとしてリラクゼーションサロンでは施術が行われています。

必要な資格

そんなアロマテラピーですが、アロマテラピーのサロンで働くにあたって必要となる資格は、一般の人を対象にした資格としてアロマテラピー検定があります。1級と2級があります。1級は家庭や周囲の人にアロマテラピーを楽しむことができるのですが、働くとなるとさらに上の資格が必要です。アロマテラピー検定を取得した後に協会へ入会して、認定講習会を受講します。これによりアロマテラピーアドバイザーの資格を取得することができます。

会員になってさらに資格を取得したい場合は、アロマテラピーインストラクター、またはアロマセラピストの資格を取得することができます。サロンで働くならアロマセラピストの資格を取得しておいたほうがいいでしょう。一般の人にトリートメント、コンサルタントを含むアロマテラピーを提供することができる能力を証明するのがアロマセラピストの資格です。