鍼灸

国家資格が必要な仕事

鍼灸師の仕事は、鍼やお灸などを使用して患者さんの不調を改善する職業です。

通常メスなどの刃物を使用して手術や治療を行うことができるのは、医師免許を持っている人のみになりますが、鍼灸師は国家資格を取得することで、患者さんの体に鍼を使用して施術を行うことが可能になります。
逆をいえば、鍼灸師は国家資格を取得していないと施術が行えない仕事です。

鍼灸で改善する症状は実に幅が広く、肩こりや倦怠感を始め、腰痛や肥満、うつ症状の改善にも効果があるといわれており、近年非常に注目されている施術です。
「小児はり」という施術もあり、赤ちゃんの疳の虫などを改善する効果も期待できます。

小児はりの場合は、実際に赤ちゃんの体に鍼を刺すのではなく尖っていない鍼のようなものをツボの部分にテープで停めてしばらくおいておくという施術を行います。
夜泣きのひどい赤ちゃんが夜にぐっすり寝てくれるようになったり、おっぱいをしっかり飲んでくれるようになるなど、発育を助ける効果があるようです。

鍼灸師になるには

鍼灸専門学校が全国に設立されていますので、それらの専門学校で学ぶことが受験条件となります。
学校は3年制のところが多く、受験資格としては高卒もしくは同等の学歴があることが条件です。

勉強の内容は、全身のツボや鍼の使用方法、お灸の据え方などはもちろん、人体学においても割りと深く学びますので、最初は非常に難しく感じる人も多い様子。
しかし、同じ志を持つ仲間と学びを深めるうちに、専門的な勉強がどんどん楽しくなってきます。

鍼灸院はいくつもありますが、多くのスタッフを募集しているところは少なく、個人で開院しているところが多いように思います。
募集自体もすごく多いというわけではないようですが、接骨院で鍼灸と柔術の施術を両方行うところが増えているので、そういったところで求人していることもあるようです。

東洋医学は、薬を無駄に服用することがないということもあって、近年非常に注目されています。
美容鍼灸といって、ダイエットや肌をきれいにするツボに鍼を施す施術を行う鍼灸院もあり、芸能人やモデルの愛用者も多いです。

こうした何かに特化した施術を極めることで、鍼灸師として安定した収入を得られるケースあります。
鍼灸師を目指している人は、どんな鍼灸師になりたいかということをしっかりとイメージしながら勉強を進めていくとよいのではないでしょうか。