リラクゼーションサロン

リラクゼーションサロンといってもいろいろなサロンがありますね。美容業界の中でリラクゼーションサロンは女性だけでなく男性のお客様からも利用する人が多いのが特徴です。癒しを求めたり疲れを取るために利用する人も多いですので、そういったことも踏まえて施術をしなえればいけません。

施術内容

施術内容はそれぞれのサロンによっても違いますが、全身のマッサージ、足のマッサージ、手のマッサージなど部位によって分けられています。手軽に受けることができる駅の中に入っているリラクゼーションサロンなどでは、足マッサージ10分いくらといったクイックマッサージを行っているところもあるでしょう。サロンによって給与は違いがありますが、相場としては手取り16万円から20万円くらいです。リラクゼーションサロンで働くにあたって求められるスキルや資格はどんなサロンなのかにもよります。

普通のマッサージのサロンでしたら、マッサージができれば特に資格を持たない人でも働くこともできますが、アロマテラピーやリンパマッサージなどは、専門の資格を持っていなければ働くことができなかったり、資格がないということは知識や技術が身についていませんので、まず勉強をして資格を持っていなかったとしても知識や技術を身につけなければいけないこともあります。

アロマテラピーやリンパマッサージは検定試験も民間の団体が実施していますので、そういった検定を受けて資格を持っていたほうが就職にも有利ですし、自宅で自分で開業をしようと思っている場合でも、資格を持っているということをお客様に伝えれば安心感につながりますし、信頼してもらえるでしょう。

求められるスキル・資格

知識と技術を身につけていることを証明することができない職業だけに、それらを証明するためにもスクールに通って正しい知識と技術を身につけた上で資格を取得しておいたほうがいいのです。
リラクゼーションサロンは人に癒しを与えるサロンですので、ただ施術をしているだけではいけません。リラックスしてもらって、癒されることができなければリラクゼーションとは呼べないので、ほかのサロンに比べるとそういったホスピタリティの面での勉強も必要かもしれません。

コミュニケーション能力が必要であることには違いはありませんが、ただのコミュニケーション能力ではなくて、人に癒しを与えられるかどうかも重要になってきます。様々なスタイルのサロンがありますので、それぞれのサロンに合わせて対応する必要があります。

スクール情報はこちら