求められるスキル・資格

就職に有利な資格

ネイルサロンでネイリストとして働きたいと思った場合には、資格がなくても働くことはできるのですが、やはり資格を持っていたほうが就職に有利ですし、サロンによっては最低でも検定2級の資格を持っている人からしか採用しないということもありますので、ネイルサロンで働くなら資格を取得しておいたほうがいいでしょう。

これからネイリストとしてお金をもらって仕事をしたい場合は寝入る検定2級は必要不可欠ですから、そこまでのレベルを取得してから就職活動をしたほうがスムーズに就職することができるでしょう。

資格の種類

ネイルは趣味で自分で楽しみたいだけの人なら特に資格を取得する必要はありませんが、仕事としてやっていくのなら民間の資格しかありませんが、資格を取得する必要があります。ネイルの資格を取るために一番有名な資格としては日本ネイリスト協会があります。

JNAのネイリスト技能検定は三段階レベルがあります。1級、2級、3級の三つの段階で当然のことですが1級はかなりレベルが高いです。1級はプロのネイリストを目指した意と思っている人なら必須の資格です。サロンで働く場合には主なサロンは2級を持っていることを条件にしていることが多いですのでそのことは覚えておきましょう。

雇う側も判断基準が必要ですので、そこでネイリスト技能検定試験2級という基準を設けていることが多いのです。試験は3級の場合には4月7月10月1月に実施されていますから1年に4回受験することができますが、2級と1級は4月と10月だけなので2回しか1年にチャンスがありませんので、サロンで働きたいと思っている人はその時期を狙って受験することをお勧めします。受験料は3級が6000円、2級が8000円1級が1万円です。

参考:ネイリスト検定

合格率

合格率は1級はかなり難易度が高くて40パーセントとなっています。半数以下の合格率なのでかなり難易度が高いことがわかります。しかし1級を持っていればネイリストとしてどこへ行っても通用しますので、どこのサロンでも採用される可能性は高まります。1級を取得しているネイリストは比較的少ないので、1級を持っている人は引く手あまたの状態なのです。仕事を保障されたも同然ですので、もし可能なら1級を、サロンで働きたいなら最低でも2級の資格は取得しておきましょう。

また働きたいと思っているサロンによってはジェルネイルやスカルプを導入しているところもあるでしょうから、それぞれの資格も持っていたほうが働く場合には有利になりますので取得を目指したほうがいいでしょう。