ジェルオフ

ジェルオフとはジェルネイルの施術を受けている人がネイルをオフすることを言います。つまり落とすことをいいます。普通のネイルカラーのネイルポリッシュで塗っている場合には、家にある除光液などを使えばオフすることもできるのですが、ジェルネイルは特殊な施術ですので、除光液で落とすことができません。ジェルネイルのオフはかなり負担が爪にかかりますので、正しい手順で行わなければいけないのが特徴です。リムーバーも専用のものを使いますが、リムーバーは爪にダメージを与えますので、正しい方法で行わなければいけません。ネイルサロンでも次のジェルネイルの施術の前にジェルオフをメニューに入れているので、ジェルがついている人はまずはジェルオフをしてもらってから次の施術を受けることになります。アセトン、ソークオフジェル専用リムーバー、アルミホイル、コットンなどを使ってジェルしていきます。

実際にネイルサロンで行っているジェルネイルのジェルオフは、ジェルの表面を荒いバッファーで削って傷をつけます。これをすればリムーバーが爪に浸透しやすくなるのです。そして爪の大きさにカットしたコットンに、専用のリムーバーを流し込んでそのコットンをアルミホイルにセットしてコットンが爪の部分に当たるように指をおいてアルミをかぶせます。ジェルがついている部分だけにコットンを当たるようにします。

そして指を密封して、包み込んで10分から20分程度時間を置きます。その後アルミホイルをはずすと、ジェルの表面がひび割れているので、後はウッドスティックを使ったりメタルプッシャーなどを使ってやさしく取り除けばいいだけです。ジェルが解けないでそのまま自爪についている場合は、無理やり削ると爪に負担がかかりますので、もう一度コットンを湿らせるところから手順を繰り返すようにすればオフできます。

これはネイルサロンでも行われているジェルオフの方法ですが、自宅で自分で最近ジェルネイルを行う人が増えているので、自宅でジェルネイルを行う人もこの方法でケアすることができます。しかしかなり爪に負担がかかりますので、ジェルネイルのオフは、きちんとネイルサロンでと考えている人が多いために、ネイルサロンではジェルネイルができるだけでなく、ジェルオフができることもスタッフの技術として必要です。ジェルオフはジェルネイルの検定資格を持っている人でしたら基本となりますので、ジェルネイル検定の資格があると有利です。