ハンドケア

ハンドケアは、手の手入れをすることを言います。仕事をしていれば、ほかの人から見える手は手入れをしていなければがさついてしまいます。手ががさがさになっていると自分だけでなく見ている人も気持ちががっかりしてしまいますから、ハンドケアを受ける場所があります。ハンドケアを行っているのはネイルサロンの中でも行われていますが、ハンドケア専門のサロンなども最近は増えています。ハンドケアは手のケアとはいいますが、具体的なケアとしては、汚れをケアする、乾燥をケアする、美白の毛、角質のケア、保湿ケアなどがあります。汚れのケア、これは手の表面に汚れがついていれば肌のバリア昨日が下がりますし、汚れた手の上からハンドクリームを塗ったりハンドケアをしても汚れの膜がついているので、まったく意味がありません。水で手洗いするだけでは落とせない汚れもハンドケアによってしっかりとケアしていきます。

ハンドケアの施術は、それぞれのサロンによっても違いがありますが、最近はネイルサロンやエステサロンで働く以外にも福祉施設や老人施設などで入所している人の癒しのための施術としてハンドケアを出張で行っているところもあります。ハンドケアの資格としては民間の資格ではありますが、ハンドケアセラピストという資格があります。

またハンドケアマイスター認定講座などもありますので、これらの資格を持っているとハンドケアの仕事に就きたいと思ったときに有利になりますが、必ずしもハンドケアの資格を持っていなければ働けないのではなくて、働くところが決まってから、そのサロン独自の資格も用意されていますし、そのサロンの技術や知識を身につけることになります。ハンドケアの施術はオイルなどを使って気持ちよく手のマッサージをすることにあります。ハンドマッサージをすることによって血液の流れがよくなりますし、冷え性や肩こりなどの症状が改善されます。またスキンシップは最近とても注目されているのですが、愛情ホルモンといわれているオキシトシンともかかわりがあるとして知られているので、お互いの信頼関係を育てるのにも役立つということで、仕事をする、しないにかかわらずハンドケアの資格を取得している人も増えています。

ハンドケアセラピストの認定講座を受けて資格を持っていれば就職に有利ですし、どこかに所属しなくて開業したり病院や、介護施設などで活躍することもできますから人気の資格です。