ネイルサロン

現在人気のネイルサロン

ネイルサロンは今人気があります。1990年代前後から芸能人がネイルアートをするようになり、少しずつネイルアートをする人が増えていますが、今ほどネイルサロンが増えたのは2000年に入ってからのことです。ネイルサロンでつめを手入れしてもらう、絵を描いてもらうなどが定着しつつあります。

個人でネイルアートをしていたらネイルをする仕事をしたいとあこがれる人も増えて、それがネイリストへの道につながったというケースも少なくありません。ネイルに興味を持っている人が増えていますので、ネイリストという職業も確立しています。ネイリスト、これは技術をしっかりと身につければ一生自分の身一つで働ける仕事です。

手に職をつけるとよくいいますが、ネイリストはまさにそれです。資格を取得して技術や知識を身につけていれば結婚後も家の近くのネイルサロンで働くことができますし、自宅でネイルサロンを開くことだってできるのです。

施術内容の種類

ネイルサロンで働くことになった場合の施術内容は、それぞれのサロンによっても違います。ネイルケアとしてつめの手入れをすることはどこのサロンでも行っていることなのですが、カラーリングだけを行っているところもあれば、ネイルアートも行っているところもありますし、またジェルネイル、スカルプチュアを行うサロンもあります。

施術をした後のネイルは、普通のカラーなら家で除光液を使ってオフをすることも可能ですが、ジェルネイルやスカルプチュアの場合には自分ではオフすることができませんので、ジェルオフをしてもらうことになりますから、その施術もあります。爪のケアだけでなくハンドケア、フットケアも行っているサロンもありますので、施術内容はサロンによって様々です。給与もサロンにより様々なのですが、だいたい相場としては手取りで18万円前後とされています。

求められるスキル・資格

求められるスキルや資格もあり、ネイリストとして働く場合は必ず美容師のように資格がなければはたくことができないというわけではないのですが、それでもネイルサロンでは入社の採用基準としてネイル検定2級に合格をしていることを基準として設定しているところが多いですので、そのことも理解しておく必要があります。

ネイルサロンで働くためには資格を持っていなければいけないということになります。自宅で自分でサロンを開く場合でも、お客様に技術や知識を身につけていることを証明するために資格を持っていたほうが良いでしょう。

スクール情報はこちら