志望動機の書き方

履歴書で一番困る内容

就職活動では履歴書の提出を求められる場合が多いものです。
たくさんの人が応募するような企業では全ての人を相手に面接を行うのは大変なので、書類選考として履歴書に記載されている内容からある程度の人物像を見極めて判断する場合が多いです。
つまり、履歴書の内容によっては提出した時点で採用のチャンスが無くなってしまう可能性があることを覚えておく必要があります。

履歴書はそれほど重要な書類であることを認識しなければいけませんが、履歴書に記載する中で最も困るのが志望動機についてです。
志望動機に書かれている内容によって、本当に採用されたいという熱意を持っているのか、何となく応募してみたという感じなのかがはっきりわかると言います。
間違いなく書類選考をパスするためにも、印象に残る志望動機の書き方を覚えておきたいものです。

参考:就活生必見!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望する企業の何に惹かれたのか

企業の採用担当者は「たくさんある企業の中から、なぜ当社を選んだのか?」という点を確認したいと考えています。
美容業界でもライバル業者がたくさんある中で、何に惹かれて選んでくれたのだろうかと知りたいものなのです。
これは単純に好奇心で知りたいと考えるのではなく、企業のことを本当に理解しているのかという点も把握したいという考えがあります。

そのため、「御社は将来性があると感じたので志望しました」という理由の場合、一見すると良い印象を受けるような気がしますがあまりにも抽象的でピンと来ません。
恐らく、他にも同様の内容を記載している人も多いと考えられるため、この内容だけでは良い印象を与えるとは言えないのです。

自分が会社に貢献できるとアピール

このご時世、どんな企業であっても仕事ができないような人材を採用している余裕はありません。
少しでも業績をプラスにしてくれる可能性を秘めている人材を確保したいと考えているのは当然のことです。
志望動機に記載されている内容から、求めている人材なのかを判断される場合もあるため、自分がその人材として相応しいことをアピールすると良いでしょう。
美容業界への就職を志したからには、何らかの特技があったり興味を持っていたりするはずです。
その点をしっかりアピールすることも大切です。

志望動機欄の例

これらの点を踏まえた結果志望動機への記載例としては、「これからの時代は美容業界の中でも御社が取り扱っている商品が最も将来性を感じると思いました。私も学生時代にこの商品に関連する研究を行ってきたので、これまでの経験と知識を活かしてもと市場に発展させることができると考えたので志望しました」という内容になると、この人に仕事を頑張ってもらおうと前向きに考えてくれるでしょう。