面接時に緊張しないコツ

全ての自分を出し切ろう!

美容業界への登竜門としてどんな職種でも必ず行われる面接がどうしても苦手で自信を持てないという方も多いです。
どうしても緊張するため、本当に自分を出し切ることができずに終わってしまうことが多く、後悔している人がたくさんいます。
緊張をしないようにしよう!と言われても、面接の結果次第でこれからの自分の人生が大きく変わるかもしれないと思うと緊張するのも無理がありません。
それでも大事なチャンスを逃すことがないように、面接時に緊張しないコツをご紹介します。

参考:100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない7つの方法

初対面だと思わない

そもそもなぜ面接では緊張するのかを考えてみると、緊張をしないための対策が見えてくるはずです。
大きな理由として考えられるのは、初対面の人との会話に抵抗を感じるからです。
元々人見知りをする性格の人は特に初対面の人と会話をすることが嫌でたまらないという傾向があります。
しかし、美容業界では接客をする機会が多いため、人見知りをするからうまく接客ができないと言い訳できるはずがありません。

面接官と会話をする際には、初対面の人だと思わないようにすることが大切です。
初対面の人だと思わないようにすると、自然と自分から心を開いて打ち解けた会話ができるようになるでしょう。
ただし、あまりにもフレンドリーに敬語も使わない話し方をするのはNGなのでご注意ください。

自分を良く見せない

面接は自分の事をアピールできるチャンスなので、本当は自分の長所をアピールしまくっても良いと考えている方も多いです。
確かに自分の長所を理解していてアピールできるなら全く問題はありません。
しかし、自分の短所について全く理解しようとせずに短所については何も申告しないようでは良い結果は生まれないものです。
普段の自分より良く見せようと必死になるほど、緊張をして何を話ししているのかわからなくなる場合もあります。
長所をアピールしながらも自分の短所をさらけ出す覚悟で面接に臨むと、思っていたよりも心がスッと晴れて緊張しにくくなるものです。

リラックスを心がける

面接の直前は緊張のあまり心臓がバクバクして何を話して良いものかと頭が真っ白になることもあります。
緊張していると思えば思うほど焦りを感じ、本番でも本当に自分を出せずに終わってしまいます。
面接会場で気持ちを落ち着けようとするのは難しいかもしれませんが、ゆっくりと腹式呼吸をして気持ちを落ち着けてください。
頭の中でバクバクしている心臓がゆっくりと落ち着いてくるイメージをしていると、不思議なことに心臓の鼓動も少しずつ落ち着いてきて気持ちにも余裕が生まれてきます。
このように気持ちをリラックスさせることで、面接官の前でも本当の自分を出すことができる状態に整えることができます。