リクルートスーツの選び方

面接官はしっかり見ています

面接時には面接官に良い第一印象を与える身だしなみに整えることが大切です。
あまりにもだらしない格好をしていると、その時点で不採用が決められる可能性もあるので注意したいものです。
多くの人が迷うのはリクルートスーツの選び方です。
美容業界は特にファッション関連の職種が多いことから、どんなリクルートスーツを選ぶべきなのか迷う方も多いですが、基本的には他の職種と同様の考え方で選ぶべきです。

参考:【就活の強い味方】コレだけ押さえろ!面接官ウケの良いリクルートスーツの選び方

リクルートスーツを選ぶ際には色の選び方にも注意してください。
男性でも女性でも共通することですが、スーツの色は黒または紺の単色にするのが一般的です。
中にはストライプのスーツを着てくる方もいるようですが、面接官からの印象はあまり良くないので、無地のスーツを選択してください。
中にはグレーでも良いのではないかと考える方もいますが、黒や紺に比べると明るめの色合いになるため、顔がはっきりとわかりにくい印象を受けますし、濃い色は誠実な印象が伝わるものです。
どうしてもグレーが良いという場合には、黒に近いダークグレーを選ぶようにしてください。

スーツの中に着るシャツやブラウスについてはシンプルな白一色を選んでください。
ストラップ柄などでも良い?と思われる方もいますが、就活時には清潔感と誠実さをアピールするためにも白一色にするのが一般的です。
あえて他の色を選んで個性をアピールしようとしてもあまり意味がなく、むしろ常識がないと烙印を押されて悪い印象しか残しません。

男性はスーツの色によってネクタイを選ぶことになりますが、ネクタイの色にも注目してください。
赤は就活時によく使われており、積極性のある人物像をアピールできると言われています。
青は知的で真面目な印象を与えることができるとされています。
就活時にはこのどちらかが相応しいと言われており、黄色や緑などをセレクトすると個性的な人に見られてしまうためあまりおすすめしません。

女性はスカート?パンツ?

女性がリクルートスーツを選択する際にはスカートにするべきか、パンツにするべきかで迷うものですが、実際に面接にやって来る女性の大半はスカートを選択している方が多いです。
就職説明会にはパンツでも、本番となる面接時にはスカートを選ぶという方がとても多いです。
どちらが正解とも言い切れないものですが、一般的にはスカートの方が女性らしいと評価されることが多いものです。
実際に就職してからはパンツスタイルの方が動きやすいからとの理由でほとんどスカートを選ばなくなる方も多いですが、やはり女性らしさをアピールしたい面接ではスカートを選択した方が好印象を与えられる可能性が高いと考えられます。