美容師

美容業界の中でも一番お客さまとの距離が近い仕事

美容師は、ヘアサロンなどでお客さまのヘアスタイルをカットやパーマなどの施術で整えて差し上げるお仕事です。

美容に関する仕事は、エステやネイル、リラクゼーションなどさまざまなものがありますが、エステやネイルは必ずやらなければいけないというものではないけれど、髪はまったく手付かずという人はまずいないので、定期的に美容室に訪れているはず。
そう考えると、美容業界の中で一番お客さまとの距離が近い仕事になるのではないでしょうか。

美容師の仕事は、前述した施術のほかに、カラーをしたり、最近だとエクステンションをつけたりといった施術のほかに、後輩のアシスタントがスタイリストになるための練習を見てあげたり、サロン内の掃除や備品の補充など、仕事内容は多岐に渡ります。

一人前の美容師になるまでは長い

美容師になるには、美容学校を卒業して国家試験を受験し、合格しなければなりません。
アシスタント業務は無資格でも実務に入ることができますが、サロンで働いているほとんどのスタッフが、美容学校を卒業して資格を持っている人です。

しかし、資格を取得したから一人前ということではなく、そこから一人前の美容師になるための修行が始まります。
美容学校を卒業後、美容室に就職したら、まずはアシスタント業務から入ります。
アシスタントの仕事は、お客さまのシャンプーから始まり、ヘアスタイリストがカットした髪のゴミを掃いたり、ヘアスタイリストのカラーのお手伝いやパーマの補助業務などが中心です。

開店から閉店までアシスタント業務を行い、閉店してからヘアスタイリストになるためのカットの練習を始めます。
練習日が決まっているサロンもありますが、自主練形式をとっているサロンでは、毎日のようにカットの練習をしている熱心なアシスタントもいるそうです。

その後、サロンの教育担当や店長などからチェックをしていただき、合格したら晴れて一人前のヘアスタイリストになれます。
入社してからスタイリストになるまでは、平均すると3年から5年かかるといわれていますので、かなり長い道のりだということですね。

美容師の資格は一度取得したら更新の必要はないので、半永久的に使用できます。
ヘアサロンのほか、病院や老人ホームなどでカットをする「出張美容師」という仕事もあります。

資格があれば、引っ越しをしたり、結婚などで一時現場から退いても復帰することができますので、手に職の代表的な仕事であるといえるでしょう。