フェイシャルエステ

フェイシャルエステとは、その名のとおり顔のエステです。フェイシャルエステの施術内容はクレンジング、洗顔、ローションを使ってマッサージをしたり、パックをするなど日ごろ家でも行っている基本のスキンケアから、エステサロンだけの美顔器具、化粧品などを使った本格的な施術などいろいろな種類があるのが特徴です。大きく分ければ、フェイシャルエステは美白、美肌、肌荒れの改善やにきびのケアといった肌の調子を整えるエステと、そしてマッサージなどで血液の流れをよくさせる施術があります。顔全体をマッサージすることによって顔の血液の流れがよくなりますので、それによって新陳代謝がアップします。新陳代謝がアップすれば、細胞の生まれ変わりは正常に、そして活発になりますので、さまざまな肌トラブルを改善させることにもつながるのです。

フェイシャルエステで行っている施術は、それぞれのサロンによっても違いがありますが、ケミカルピーリングという古い角質を除去して、新しい角質に導く方法があります。イオン導入、こちらは肌に微弱電流を流してビタミンCなど美容成分をイオンに乗せて角質の奥に浸透させる施術です。普通の化粧水、美容液で日々手入れをしていても有効成分が肌の奥深い角質層までは届かないので、イオン導入でしっかりと奥まで届けます。

フォトフェイシャル。こちらは美容治療で別名を光治療や光エステと呼んでいる施術方法です。特殊な光を当ててシミやくすみが気になる部分に当てることで消すことができる施術方法です。ホワイトニング、こちらは美白効果があるホワイトニング剤を塗ってマッサージをすれば肌のくすみもシミそばかすなども解消することができるという美白のための施術です。最後にリフティング、これはリフトアップのための施術です。リフティングは年齢と共に、たるみ、しわなどにより崩れてしまったフェイスラインを引き締めて全体的に小顔効果を与えることができる施術方法です。

このようにいろいろなフェイシャルエステの施術がありますが、それぞれの施術方法を身につけるために必要な知識と技術はサロンで働く前に研修などを受けて身につけることになります。特に働くにあたって必ず必要となる資格などはありませんが、それぞれのサロンによって独自の研修制度と独自の資格を用意しているところが大半ですので、働き始める前には、そういった知識と技術を身につけたうえでお客様に実際の施術を行うことになります。