求められるスキル・資格

エステティシャンの資格

エステサロンで働くにあたっての資格や必要なスキルについてですが、ご存知の人も多いかと思いますが、エステサロンで働くエステティシャンになるための国家資格はありません。ですがエステの施術を行うにあたっては専門の技術や知識が必要になることは避けられませんので、資格がないという場合には働くことが難しいこともあります。

資格の種類

エステティシャンの資格は国家資格ではありませんが、それぞれのエステサロンが用意している独自の資格やエステティック協会などの団体が用意している民間の資格があります。

  • 日本エステティック協会の認定エステティシャン
  • CIDESCO-NIPPONのCIDESCOディプロマ
  • 日本エステティック協会の資格AEAインターナショナルエステティシャン

それ以外にもいろいろとあるのですが、サロン独自の資格などを含めるとかなりの数がありますので、今国家資格として作るかどうか審議されているという話も出ています。

資格の取得方法

エステサロンで働くための資格を取得する方法は通信教育で学んだり、独学で学ぶ、学校に入って学ぶなどいろいろな取得方法があります。日本で有名な日本エステティック協会の認定エステティシャン、フェイシャルエステティシャン、トータルエステティックアドバイザーの3つの資格を受験したいと思ったら日本エステティック協会の正会員になる必要がありますので、受験資格なども含めて確認しておく必要があるでしょう。

参考:日本エステティック協会

日本エステティック協会の認定試験は会員にならなくても受験することができる認定フェイシャルエステティシャン、認定ボディエステティシャンなどもあります。難易度が高い資格は実務経験がなければいけないこともありますので、エステサロンで働きながら学んで資格を取得するという流れになることもあるでしょう。

目的に合った資格を取得しましょう

資格を取得してもしなくても働くことはできるのですが、やはり施術を受けるお客様の立場からしてみれば、きちんと学び正しい知識と技術を学んだエステティシャンから施術を受けたいと思うのが当然のことだと思いますので、そのためにも、やはり技術と知識を身につけて、それを証明することができる資格を持っていたほうが働きやすいでしょう。

しかしせっかく資格を通信講座などで取得しても就職したエステサロンでは通用しないこともあり、それぞれのサロン独自の資格を取得しなおすことになるケースもありますので、どこで働きたいのか、そのサロン独自の資格の有無も調べておいたほうがいいかもしれません。