脱毛エステ

脱毛エステの種類

毛エステは人気のエステサロンのひとつですが、脱毛エステでの施術内容はサロンによっても内容が違っているのですが、主に電気脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、ワックス脱毛などがあります。

これらの脱毛方法が行われているのですが、よくきかれるレーザー脱毛、これは医療行為に当たりますので、普通の脱毛エステでは施術できないことになっており、医師がいる医療系のエステサロンや美容クリニックでしか受けることができないのが特徴です。脱毛治療を行う医療機関では、エステで実施されている脱毛の効果は医療機関に比べると劣るとされています。

確かにレーザーによる脱毛の効果は永久とされていますが、それでも先ほど紹介したフラッシュ脱毛やIPL脱毛なら十分永久脱毛の効果はあると思います。ただ、医療機関に比べると効果が弱いという特徴はあるかもしれません。

必要な資格

そして脱毛サロンで働きたいと思ったときに必要な資格はあるのでしょうか。そもそも日本でエステティシャンを対象にした公的な資格はありませんので、あるとしても民間の資格ということになります。そして脱毛に関しては、IEA国際エステティック協会認定トータルビューティーという資格を持っていれば、まず脱毛をするにあたって困ることはないとのことです。

エステティシャンの資格はいろいろとありますが脱毛に特化している資格ということを考えると脱毛士と呼ばれる資格もありますので、こちらも検討しておくといいかもしれませんね。

必要な知識と技術を身につけましょう

そして脱毛に必要な知識や技術は資格の有無にかかわらず身につけておかなくては施術をすることはできません。機械の操作方法ももちろん知っておかなければ直接お客様の肌に触れて施術を行うわけですから、トラブルになりますので注意が必要です。

特に脱毛エステでのトラブルは後を絶たないことが多く、肌が赤くなったとか、毛が埋没してしまって鳥肌がずっと立っているような見た目になったなどの被害が出ていますので、きちんとした知識と技術を身につけておかなければ、お客様の肌を傷つけることになり、それが負担となります。

医療機関と違って医師の指導のもとで行う脱毛ではありませんので、お客様もその点は理解して訪れているかとは思うのですが、きちんと理解した上で施術を行わなければ大変なことになるでしょう。施術に関しては資格があれば受けるお客様にも安心してもらえると思いますし、就職をする際にも有利に働きます。